御挨拶

近年のペットブームで、昔はなかった高級のペットフードが販売されるようになりました。

私は、30年前から猫を飼っていますが、本当に驚きの現象です。^^;

現在は、17匹の猫と暮らしており、高級なキャットフードは、経済的に厳しい状況ですが紹介も兼ねて今回、体験レポートをしてみました。

どうぞ最後までご覧くださいませ!

カナガンキャットフードを購入

今回、私が紹介するのはこちらの「カナガンキャットフード」です。

 

カナガンキャットフード写真

 

カナガンは、プレミアムキャットフードとしては、比較的に安い方かと思います。

多頭飼いにとっては有難いプレミアムキャットフードです。^^;

 

カナガンキャットフードの代理店では、他にもシンプリーやジャガーと言ったプレミアムキャットフードを扱っていますが、どれも高品質というのが特徴としてあげられます。

 

よーし!それなら人間も食べても問題ない内容なのかい?と、購入前にアホな質問してみました。w

もちろん、食べるつもりはありまんせん。お酒のつまみにでもなれば良いですが・・^^;

高品質の確認です!

 

そして代理店からの答えは、YESでした。

 

キャットフード業界には、「4d」と言う言葉が存在します。

 

Dead 死んだ動物の肉

Dying 死にかけの動物の肉

Diseased 病気の動物の肉

Disabled 障害のある動物の肉

 

このような肉は、人間の食用として適さないので、ペットフードの材料にまわされます。

詳しくはわかりませんが、○○ミールと書かれている材料には、これらの肉が使われている可能性があります。

 

代理店の回答では、カナガンには、これらの肉は、一切使われておらず、さらに言うと、製造工場ではすべての原材料に対して品質管理官による品質検査が行われており、この検査を通過した材料だけがキャットフードに使用されているとのことでした。

 

私は、30年以上、猫と暮らしてきて、キャットフードは、近場のスーパーで購入できる一般的な物を与えてきました。

それでも、中には、20年以上も生きた猫もいます。

 

4dという品質が、猫の健康にとってどれくらい影響があるのかは、よくわかりませんが、できることなら自分たちが食べられる安全の物を与えたいと言うのが心情です。

そういう意味では、猫にとっては、本当に良い時代になりました。^^

 

ではでは、カナガンの体験レポートをして行きたいと思います。


カナガンキャットフードの体験レポート

◆開封!

先日、注文したカナガンキャットフードが届きました。

なんかでかい箱で来たぞ!?

たしか、お試しということ一個しか注文してないはずだが・・。

 

 

おお! よかった、やっぱり1袋だけだ。

あせったぜ~^^;

それにしても箱でかすぎ! スカスカじゃん!w

 

 

袋はイギリス製ということで外国っぽい感じですね~。

日本の場合は猫の写真がパッケージに使われてたりしますが、こちらは、なかなかクールですね。

 

さて、では次は、中身を見てみますかね。

たっぷり入ってるからしばらくもつかな。 うちにとっては高級品なので、ちゃんと食べてくれれば良いけど・・・。

◆中身をチェック!

それでは、さっそく見て行きましょう!

じゃーん!こんな感じです。

 

 

丸いキャットフードですね。

一見は、市販の物と同じで特別感はありません。

ちなみに猫はどんな形が一番食べやすいのでしょうかね? どうでも良いことですが謎です。^^;

 

さて、お次は匂いの方ですが、結構、強く肉っぽい香りがします。

猫にとっては、食欲がそそられる香りかもしれませんね。

人間にとっては、正直、くさいです。

不純物のない良質な材料なので仕方ないですね。^^;

 

 

さて、内容の方はどんな感じでしょうか・・・。

パッケージは英語ですが、ちゃんと日本語で内容が貼ってありましたよ。

書くのがめんどいので、すいませんが画像をご覧ください^^;

 

 

読めるかな?^^;

やはり肉(チキン)が多いです。

ミールと言う文言はありませんね。

グレインフリーとあって、よく市販のキャットフードで使われている小麦やトウモロコシの文字はないようです。

にんじんやホレンソウの野菜もあります。

◆うまいのか?

カナガンの公式サイトをご覧の方は、健康面については、なんとなく良さそうという感じはお持ちかと思いますが、ちゃんと食べてくれるだろうかと言うのも気になるところですよね。

果たしてどうだろうか・・・!?

どれ、一口いって見るかと思いましたが、やっぱ無理でした。^^;

 

いくら安全で健康に良いからと言っても猫が食べてくれなきゃ話になりません。

私が最も気にしていたことでしたが、どうかな・・・・。

 

ちょうど 写真撮りをしている最中に、匂いを嗅ぎつけて、猫がやってきました。

 

 

一口二口と食べてくれましたが・・

美味しいのかな?

 

穀物がゼロということなので、かなり濃くボリューム感もあるかなと思いますがどうなんでしょうか。

今までの市販の物に比べるとだいぶ違ったキャットフードになりますので、やや抵抗感を感じます。

最初はそんなもんでしょう・・^^;

 

材料は人間でも食べれる良質な物を使ってるようなので、そういう意味では、美味しいと思いますが・・。

 

結局、我が家の場合は8匹がすんなり食べてくれました。

餌については、いくら高いもんでも、好き嫌いがありますので高級なキャットフードを買うのは勇気も必要かもです。^^;

 

ところで、猫は、味覚がすごく鈍感らしく、甘味なんかはわからないみたいです。

うちの猫は、あんこや生クリームを舐めたりしますが、どんな気分なんでしょうね。

謎すぎる。^^;

◆カナガンキャットフードを食べた後の様子

獣医の先生も認める健康食品と言うことなのですが、その影響は、健康面については、期間もかかるし、測ることは難しいのですが、問題は、下痢や嘔吐についてです。

今までの経験上、餌が合わない猫は、だいたい嘔吐や下痢をします。

俗に言うアレルギーですね。

 

まだあげ始めたばかりですが、現在のところ特に問題は起きていないようです。

毎日、カナガンでは飽きてしまうので、市販のものと交互に与えていますが、カナガンで吐くことはありませんでした。

穀類ゼロの効果なんでしょうか?

 

カナガンは年齢の制限がないみたいなので、吐いたり、アレルギー症状などなかなか食べ物が合わないとお悩みの方は、年齢は気にせず、試してみる価値はあると思います。

正直、食べるかとどうかについては、わかりかねますが、食いつきは悪くないです。

ドライフードが好きじゃないという猫にも、お勧めです。

 

ここ数年、人間界でも、低炭水化物ダイエットがブームになっていますが、中高年の人も魚や肉中心になって長生きされる傾向にあるみたいです。

炭水化物は、肥満をまねき、うまく処理できない猫ちゃんは、糖尿病などを引き起こすリスクがあります。

私もデブなので猫のことは言えませんが、動物は、炭水化物はほどほどにして、魚や肉を食べる方が健康的なのかもしれません。^^;

 

▼公式ページはこちら▼

カナガンキャットフードが向く猫は!?

どんな猫にカナガンキャットフードは向くのか考えてみました。

 

これは、個人的な見解であり、正解でないのでその点をふまえて読んで頂けたらと思いますが、最も向くのは、10年目ぐらいまでの猫ちゃんかなと思います。

特に成長過程の若い猫ちゃんにお勧めではないでしょうか?

高品質で、栄養も豊富なので、病気になりにくい体つくりに最適なのではないかと思います。

食べてもすぐに吐いてしまったり、偏食気味でドライフードをあまり食べてくれないなどの問題がある場合は、体つくりにも影響してしまうでのカナガンを早急にでも試してみる価値があると思います。

 

老猫については、気になる要素があるなら、安易に与えず、血液検査で状態を確認して、獣医の先生と相談してみるのも良いかと思います。

カナガンキャットフードの場合は、一応、すべての年齢がOKなのですが、それは、健康な猫の話だと思います。

老猫になると、内臓機能の低下も予想されるので、腎臓や肝臓のケアが必要になる場合もあり、負担をかけるのは良くないですよね。

市販のものでも「10歳以上用」というように、あえて老猫向けのフードが売られるぐらいなので、食べ物はすごく注意が必要なんだろうと思います。

 

ちなみに15歳を超えるうちの老猫は、食べませんでした。^^;

人間も歳をとると油物が苦手になったりで食事のとり方が変わると言いますが、老猫も同じですかね?^^;

 

老猫については、カナガンキャットフードに限らず、他の食べ物全般をよく吟味すべしと思います。

個人的には、ちょっと老猫にとっては、カロリーが高いかなと思います。

 

というわけで、結論から言うとカナガンは、若い猫ちゃんに一番おすすめかなと思いました。^^;

 

あげ過ぎは肥満になりますのでご注意くださいませ^^

カナガンキャットフードをお勧めポイント?

最後になんでカナガンキャットフードを勧めるの?と言う話でが、もちろん単純に安心・安全だからと言うのがあります。

しかし、実際のことは、正直わかりません。^^;

私は、カナガンの回し者でもありませんし、ただの猫の飼い主ですので、公式サイトの説明を信じるしかない立場です。

ただ、今回、体験レポートをして宣伝してる一番の理由は、カナガンキャットフードの開発者の熱意をすごく感じたからです。

 

開発者のエディーさんは、ペットショップやペットフードメーカーなどペット業界でご苦労し、その後、猫にとって最も良いキャットフードを作るべく独立された方です。

そして、長年の研究でカナガンキャットフードのレシピを開発しました。世界中を飛び回ったそうです。

「グレインフリー」もこの研究の中で考え出され、さらに驚くべきは、本人もグレインフリーの食生活をしているようです。

ご自身も体を張って健康を証明されてます。

人間と猫じゃ構造が違うと思いますよ!と、突っ込みもありそうですが、すごいですよね~^^;

この熱い思いがカナガンキャットフードに詰まっているわけです。

そんなこともありまして紹介させて頂いてる次第であります。^^

 

内容もとても重要なことですが、その商品の開発背景やどのように製造されているのかが細かく公開さてれおりますので、そのあたりも信頼できるポイントではないかと思います。

 

まっ、いずれにしても、大事なのは飼われている猫ちゃんにとってどうか?ですよね。

カナガンキャットフードは本当に美味しく食べているのか?

健康問題はないか?

などなど・・、しっかり観て行くこともお忘れなく^^;

 

▼公式ページはこちら▼